日々の付き合いが出る告別式

お葬式では、お金や親族間の問題等あると思います。
私が体験した淀川の葬儀は、近親者が集まる家族葬でした。
厳かに式は進みましたし、全員で故人を送り出そうとしたお葬式でした。

多くの人に見送られるお葬式もありますが、少数でのお葬式も、皆の故人への思いが詰まったお葬式は良いと思います。

今回のお葬式は、人間関係が悪いことはなく、日ごろから良いお付き合いをしていたので、悲しくもあり、また、新たな旅立ちを見送るようなお葬式でした。
故人も穏やかな顔をしていましたので、最後のお別れの時は、棺の中に花を添えながら良い人生を送ってきたんだなとの思いが多くありました。

故人には、お世話になったこともあり、胸にグッとくることもありましたが、日ごろから良い付き合いをしていれば、皆に送られて新たな旅立ちに行けると私は思います。悲しい場ではありますが、ストレスが溜まったことはありません。日頃の行いが、人生の最後に出てくるのではないかと思いますので、日々良いお付き合いをしていってください。