家族葬は温かみがある葬儀だと実感した体験

叔母が亡くなり、初めて家族葬に参列しました。最近は葬儀の形も多様化しているようで、近親者のみで行うケースも増えています。叔母の場合は一般的な葬儀場の中の家族葬専用の部屋で行われ、兄弟姉妹とその家族のみのこじんまりしたスタイルでした。気のおけない近親者のみなので、余計な気遣いもなく、本当の意味で故人をゆっくりおくることができました。式自体はシンプルなものでしたが、温かい気持ちになれる式だと実感しました。葬儀と言えば何かと形式ばったことにこだわりがあり、参列者が多くなるほどに何かと揉め事が起こりやすいものです。しかし今回は初めて家族葬に参列し、このスタイルの方が好ましく感じてしまいました。万障繰り合わせという言葉がありますが、高齢になるほどに葬儀に参列する負担も大きくなります。また遠方からの参列も大変なものです。近親者のみでも温かい気持ちで故人をおくりだせることが分かり、自身に関連する葬儀も家族葬が良いように感じました。